バリアフリー情報室

トイレのドアはどこまで開くか

2016/10/31

お風呂場・トイレ

開口幅を間違えると使えないトイレに

トイレのドアを引戸にする際
気をつけなければならない事があります。

ドアがどこまで開くかです。

この写真を見てください。
ドアが最大限に開いた状態で、便器の先端のところまで
しっかり開放されています。

普通の引戸だと、こうはなりません。

ドアの開口の奥に便器がある感じです。

ドアが開いたとき、すぐそこに便器があると
車いすから移乗する際
とても動作がスムースです。

ドアの開口幅を間違えると
せっかくのトイレが使えないトイレになりかねません。

床に段差がないだけがバリアフリーではなく、
要は、ご本人が使えるか、使えないか

そこが本当にバリアフリーであるかどうかの
分かれ目だと思います。

お風呂場・トイレの関連記事

一覧に戻る