バリアフリー情報室

リフト

2016/10/20

寝室

乗り移りをサポートしてくれる福祉機器

車いす~ベッドへ自分で乗り移りができない場合

通常は、介護者が抱えて移乗させることが多いと思います。

この「抱える介護」には2つの問題があります。

1つ目は・・・・

介護者が腰痛になりやすいことです。
生まれつき障害があるお子さんを
お父さんやお母さんが介護するケースでは、

まだ小さい頃はそれほどでもないのですが
お子さんの体重が10kg~15kgくらいになってくると

多くの介護者の方が腰痛になっています。

経験者なら申し上げるまでもないことですが、
この腰痛というのは
本当につらいものです。

中腰になるたびに
激痛が走りますので、

床に落ちたものを
拾うことさえ困難になります。

いつまで介護できるのか・・・と
不安な気持ちになるのは
ごく当たり前のことです


2つ目は・・・

介護される側の人も
抱えられることが必ずしも
快適とは言えない場合がある点です。

腰やお尻などを抱えることが多いのですが、
この1点に力が集中してしまうので、

体がこわばってしまったり・・・
緊張が入ってしまって抜けなくなったり・・・
お尻に褥瘡(じょくそう)=床ずれをつくってしまったり

することもあります。

この2点を解消するのが
このリフトという福祉機器です。

もう日本でも、20年以上前から
存在しているのですが、
まだまだ一般的に普及しているとは
言えません。

ベッドから車いすへの乗り移りだ出なく

この写真のように、畳の上で寝たい方でも
車いすへの乗り移りに使うことが可能です。

一覧に戻る