Voice

お客様の声

子どもを介護しやすい家

Customer Info

  • an様
  • 兵庫県

お家の情報はこちら

事例紹介

2016年10月14日 an様 wrote:

(出入り)

元々この家の敷地は道からかなり高くなっていて、

階段を7段も上がる状態でした。

 

私(母)が抱っこで上がり降りするには大変なので、

最初はスロープにするしかないと思っていました。

 

でもスロープにすると

とても長い距離をとらないといけないことが分かりました。

 

そこで建築士さんから

昇降機(段差解消機)を取り付ける提案がでてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私たちも昇降機というものは知っていましたが、

こんなに段差がある家でも(設置が)できるとは

思っていませんでした。

 

今では毎日の通学や

お出かけの時に苦痛なく出かけられるようになりました。

今までのように抱えなくても、

車いすに乗せたままスーッと降りられます。

雨の日でも車を降りてから家に入るまで

濡れなくて済むように屋根をつけてもらいました。

 

ただ、車いすから自動車に乗せる時には、

結局、私(母)が抱っこしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(キッチン)

うちは子どもが男の子3人なので

いろいろ大変です。

今回のリフォームで対面式のキッチンにしましたので

私が家事をしながら子ども達に目が届くようになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(入浴)

 

子どもの介護で一番大変だったのがお風呂です。

今までのように

私や主人が抱っこして入るのではなく

リフトで入るようにしたいと考えました。

リフトをつけるなら

シャワーキャリーごとリフトで吊って入浴するという方法があると

提案いただきました。

浴槽の中ではどうしても浮力が働くので

シートで吊るよりもシャワーキャリーの方が

姿勢が安定するからだそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

浴室には、明電興産の湯ニットというリフトをつけました。

このリフトは、前後にも左右にも自由に動いてくれるので、

とても使いやすく、正解でした。

 

ただ、少し難を言えば

ユニットバスの天井が少し低いので、

リフトで浴槽に入れる時

足の高さが浴槽のへりのギリギリになってしまったという点があります。

天井がもう少し高ければ

浴槽に入れる時に足を持ち上げなくても

よかったかも知れません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(脱衣所)

入浴の時

服をどこで脱ぎ着するかも悩みました。

 

それまでは脱衣所の床に

バスタオルを敷いて

着替えさせていました。

ただ、介助する側の態勢がきついのと

冬は床が冷たいので、

何とかしたいと思っていました。

 

サニープレイスさんから

脱衣所にお着替え台をつけたらどうかと提案して

もらいました。

 

お着替え台をどう使うかの

実験(シミュレーション)もしました。

それで、これがベストかなと思って決めたのが

折りたたみ式のお着替え台です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(トイレ)

 

トイレでは、私が(車いすから便器へ)乗せ替えをします。

今までのトイレでは狭かったので、

介助が大変でした。

今度は、

私が介助する時に壁にもたれられるので、

広過ぎず狭すぎず、ちょうど良い広さです。

 

座っている姿勢を

安定させるために、

手すりをつけてもらいました。

この手すりの高さも

学校の理学療法士の先生も一緒に検討してくださいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(畳)

リフォームする前は、家の中で車いすは使っていませんでした。

リフォーム後は、逆に家の中では常に車いすに座っています。

車いすを使うことで移動はずいぶん楽になりました。

でも、やはり床の上でごろごろさせてあげたいと思うこともあります。

 

車いすの上にずっと座っていると、体が伸びずに縮こまってしまう感じです。

畳の部屋があるので、その上でごろごろさせて上げることは

できなくはないのですが・・

ただ、一旦床に降りてしまうと車いすに上げることが大変です。

 

車いすの同じ高さの畳コーナーをつくっておけばよかったかなと

ふと思う事もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(スロープ)

玄関側には、昇降機をつけましたが

裏庭にも車いすで出られるようにしてあげたいと思い

スロープをつくってもらいました。

時候のよい時には、庭に降りることができるのですが

寒い時と暑い時は外に出たがりません。

 

今回のリフォームでは快適になった部分もたくさんありますが

予想と違っていた面もいろいろあります。

 

でも、よくよく考えて進めてきたので

それはそれでよかったと思っています。